バレンタインチョコとは

トピックス記事
『女性が男性に1年に1度愛の告白ができる日』というキャッチコピーがバレンタインチョコを変えた!

2月14日のバレンタインデー

キリスト教には「聖人暦」というカレンダーがあり、1年 365日のすべての日に聖人(殉教者)の名前が付けられています。2月14日は、聖ヴァレンティヌス(英語読みでバレンタイン)の日にあたります。
3世紀のローマ教皇(カトリック教会の最高位聖職者の称号。今のバチカンの教皇)は、兵士が戦争に弱いのはどうしてなのか考えました。『兵隊たちが結婚したら妻や子供が気になって戦に負けてしまう。だから、兵士には結婚するのを禁止しよう。』と。
しかし、この教皇の命令に反対したのがローマの司祭、聖ヴァレンティヌスだった。彼は秘かに兵士たちを結婚させていた。これを知った教皇はただちに聖ヴァレンティヌスを処刑しました。この処刑された日が西暦269年2月14日でした。
その後、2月14日にはヴァレンティヌスの死を悼む行事が行われていましたが、14世紀頃から、愛に尽くした聖ヴァレンティヌスにちなんで、この日を「愛を与える日」や、「人類愛をたたえる日」として伝えられるようになりました。カトリックの国々ではこの日を祝日にして、花やカード、チョコレートなどを贈る習慣があるそうです。

日本のバレンタインチョコ

日本では、神戸市の洋菓子メーカー「モロゾフ」が1932年(昭和7)年、「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」という習慣を米国人の友人から聞き、日本で初めて『バレンタインデーにチョコレートを贈る』というスタイルを紹介。商品カタログでチョコレートを「愛の贈物」と紹介したのが始まりと言われています。
1959年(昭和34年)にはメリーチョコレートの『女性が男性に1年に1度愛の告白ができる日』というキャッチコピーが女性の心を捉え、女性から男性にチョコレートを贈ることがここから流行し、ハート形のチョコレートなども発売されるようになりました。
さらに発展して、本命チョコや、義理チョコ、友チョコ、マイチョコ、ファミチョコなどたくさんの種類のバレンタインチョコレートが登場してます。

おすすめ バレンタインチョコ
おすすめバレンタインチョコのご紹介です。ある洋菓子店のキャッチコピーから生まれた「女性から男性にチョコレートを贈る」という日本独自の行事。このことから本命チョコや、義理チョコ、友チョコ、マイチョコ、ファミチョコなどバラエティー豊かなチョコレートが生まれています。
バレンタインチョコ(三越・伊勢丹オンラインストア)
三越・伊勢丹オンラインストアのバレンタインチョコを紹介しています。ここからお好きな「バレンタインチョコ」を選択して通販できます。
バレンタインチョコ(小田急オンラインショッピング)
小田急オンラインショッピングのバレンタインチョコを紹介しています。ここからお好きな「バレンタインチョコ」を選択して通販できます。
バレンタインチョコ(日比谷花壇)
日比谷花壇のバレンタインチョコを紹介しています。ここからお好きな「バレンタインチョコ」を選択して通販できます。
バレンタインチョコ(ロッテオンラインショップ)
ロッテオンラインショップのバレンタインチョコを紹介しています。ここからお好きな「バレンタインチョコ」を選択して通販できます。
バレンタインチョコ(アニバーサリー)
アニバーサリーのバレンタインチョコを紹介しています。ここからお好きな「バレンタインチョコ」を選択して通販できます。
おすすめ 人気チョコレート
普段食するチョコレートで販売店の人気チョコレートを特選しました。ここからお好きな「人気チョコレート」を選択して通販できます。
人気チョコレート(三越・伊勢丹オンラインストア)
三越・伊勢丹オンラインストアの人気チョコレートを紹介しています。ここからお好きな「人気チョコレート」を選択して通販できます。
人気チョコレート(ロッテオンラインショップ)
ロッテオンラインショップの人気チョコレートを紹介しています。ここからお好きな「人気チョコレート」を選択して通販できます。
バレンタインチョコとは
『女性が男性に1年に1度愛の告白ができる日』というキャッチコピーがバレンタインチョコを変えた!
タイトルとURLをコピーしました